space

建物評価額計算の手順・方法

space

【A D】

space
このエントリーをはてなブックマークに追加

ー 建物評価額計算の手順・方法 ー

space
 記事 > 建物評価額計算の手順・方法
space

メニュー
  • 記事
    •  ■建物評価額計算の手順・方法
space

【A D】

■本文


建物評価額の評価基準は「新価」と「時価」の2つがあります。
新価とは新品に建て直すための価額であり、
時価は[時価=新価-時間経過による消耗分]で計算されます。
新築の場合、建物購入金額から土地代や諸経費を除いたものが新価になります。
もしくは、[建物購入金額=消費税額÷0.08]で算出することができます。
中古の場合、 「建築年」、「建築時における建築価額」から、
年次別指数法を使って新価を算出します。
[新築時の建築費×建築費倍率=建物の評価額]
建築費倍率は建築年数に応じた係数です。
この方法のメリットは、より実態に即した評価である点です。
これらが分からない場合は、新築費単価法によって計算します。
[(新築費単価×所在地による地区別指数)×延床面積=建物の評価額]
このようにして、建物評価額計算は行われます。

>トップへ

space
 記事 > 建物評価額計算の手順・方法
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】
space

【A D】

【A D】

space