space

保険の仕組み。保険は大きく分けて2種類。

space

このエントリーをはてなブックマークに追加

ー 保険の仕組み。保険は大きく分けて2種類。 ー

space
 記事 > 保険の仕組み。保険は大きく分けて2種類。
space

メニュー
  •  ●記事
    •   ■保険の仕組み。
         保険は大きく分けて2種類。
space

■本文


生命保険、自動車保険、地震保険、
医療保険と今や保険は私達の生活に
なくてはならないものとして、
日々の生活と密接に関わっています。
そんな保険の仕組みをあなたは
正しく、理解しているでしょうか。
ここでは、そんな保険の基本的な
仕組みについてご紹介したいと
思います。

space

世の中には様々な保険の種類が
ありますが、保険の種類は
大きく分けて2つに大別することが
できます。
一つは定期保険型、
もう一つは養老保険型と
呼ばれるものになります。
定期保険型は一定期間保険に
加入し、満期を迎えると解約に
なる保険です。
その間に、生命保険なら死亡、
自動車保険なら事故、
医療保険なら病気・怪我等が
発生するとお金が支払われる
仕組みになっています。
基本的には掛け捨てタイプです。
養老保険型は、
一定期間保険に加入し、
満期を迎えるとお金が
支払われます。
定期保険との違いは、
満期でもお金を受け取ることが
できる点です。
勿論、途中でお金を支払うような
事象が起きてもお金を受け取る
ことができます。
満期までのどこかで、
必ず1回支払いを受けることが
できる保険と言うわけです。
終身保険なんかは、この養老保険の
期間が"一生"に延びたもの、
と理解することができます。
養老保険は掛け捨てではないので、
当然支払う保険料は定期保険型より
高くなります。

space

>トップへ

space
 記事 > 保険の仕組み。保険は大きく分けて2種類。
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】