space

スロット さいコレ!

 ~ 最低コレだけは抑えておこう!! ~

space
このエントリーをはてなブックマークに追加

ー パチンコ店・スロット店は儲け過ぎなのか!? ー

space
 さいコレ! > パチンコ店・スロット店は儲け過ぎなのか!?
space

メニュー

あなたは、来る日も来る日も
パチンコ店に大事な資金を
回収されていませんか?
先日朝の整列に並んでいたら、
前のおっさんが
「俺は毎日この店に来ているが、
 既に退職金を通算で3,000万以上
 殺られている(# ゚Д゚)」
「昔は毎日10万とか突っ込んで
 パチンコを打っていたが、
 今は1日8,000円位しか使わないで
 出なければ帰ってしまう。
 当たってもそれで帰ってしまう。」
と言っていた。
本当か大袈裟に言っているだけか
分からないが、まぁこの店の通常時の
釘なら日当2万は持っていかれるから、
1年365日で10年以上も行けば
あっという間に3,000万以上殺られる
でしょうな!南無~
ところで、パチンコ店・スロット店
って儲け過ぎなんでしょうかね?

space

【スポンサードリンク】

space

ー パチンコ店・スロット店の意外な真実! ー

space

先日、パチンコ店で正社員として働いて
いたという知り合いと話す機会があった。
ふとしたことから
「パチンコ店って儲かるの?」
という質問をしてみた。
そうすると、意外な答えが返ってきた。
その人が働いていたパチンコ店は、
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城
に店舗を構える中規模程度のパチンコ店
グループで、他の地域にも店舗が
あるのかどうかはよく分からないが、
まぁこの辺の地域に店舗があるのは
見たことがあります。
マルハンやダイナムと比べると
ずっと規模が小さいと思います。
取り敢えず、実名は伏せておいた方が
何かと良いですよね♪
それで、質問の答えは
儲かるとも儲からないとも言わず、
「パチンコ店はシビアです。」
という答えが返ってきました。
どういうことかよくよく話しを
聞いてみると、そのチェーン店では
店舗ごとに毎月の売上目標が
決まっており、店長はその売上目標に
ドンピシャで揃えなければイケナイ
そうです。
稼ぎ過ぎても少な過ぎても
評価されない。
ドンピシャで調整しなければならないと。
何と(゚д゚)

space

【スポンサードリンク】

space
もう少し話しを聞いてみると
色々と面白いことが分かってきて、
そのチェーン店の内部システムや
給与体系、人事制度の事なども
聞いたのですが、余りパチンコや
スロットで勝つことと関係ないので
割愛することにして、必要な情報
だけを載せると、月末には目標売上を
ドンピシャで合わせなければならない
ので、毎日微調整をするそうです。
パチンコの釘は、毎日叩くと言って
いました。
毎日全台とは言っていませんでしたが、
シマ毎に行うようです。
そういった意味でも、
「シビア」と言う言葉を使ったようです。
パチンコの釘調整はシビアです。
毎日変わってないように見えても
微調整されている、ということです。
こういうことをしなければならないのも、
全ては売上をドンピシャで合わせなければ
ならないという使命があるからです。
ちなみに、パチンコは釘調整で調整するの
ですが、結局のところパチンコはデタラメ
なので、詰まり釘調整をしたところ売上を
コントロールできないということです。
稼働を上げて安定させれば、
当然期待値通りになるのですが、
それでもパチンコは難しいと言って
いました、とその店の店長が。
釘を幾ら調整しても出ちゃう時は、
出てしまうと…
だから、微調整は
スロットで行うそうです。
序に、スロットに高設定を入れる時は
店長がその台で出して欲しくて設定を
入れるそうです。
しかし、中々思い通りにいかない
ことも多いと言っていました。
高設定を入れても稼働が上がらないで
終わってしまい、その代わり稼働のある
設定1の台が吹いてしまったり
ということが多いようです。
稼ぎ過ぎてはイケナイという制約が
あるので、稼ぎ過ぎた時は客に
還元するそうですよ。
ちなみに、その人はウチの会社は
そういうシステムになっていたが、
他のパチンコ店も同じ様なシステム
になっているかどうかは分からない、
と言っていました。
詰まり、売上目標をドンピシャで
調整しなければならないという
システムになっているかどうか
ということです。
しかし、筆者の中ではこの話を聞けた
だけでも充分価値があったと思って
います。
多くのビジネスは、売上を最大化する
ために努力しています。
多く取り過ぎた分は還元するという
考え方は、公的な考え方です。
保険の還付金とかね。
資本主義の考え方からはズレます。
結局のところ、ユーザーから一方的に
搾取し続ける結末は、ロックフェラーに
ならざるを得ないということ
なんでしょう。
洗脳・搾取・虎の巻は最早時代遅れ
ということです。
ビジネスの基本は、ギブアンドテイク。
そこにしか生き残る道はないと。
そう、晩年のロックフェラーのようにね。

>トップへ

ー ここから分かるパチンコ店・スロット店で勝つための戦略とは!? ー

space

稼ぎ過ぎてはイケナイと言うルールは、
筆者の中では腑に落ちた部分もあります。
それは、パチンコ店が客に還元する日を
設ける理由です。
最初は、揺らぎを作った方が客を引っ掛け
やすく、売上を最大化できるからこの様に
するのだと思いましたが、どうやら
それだけでもなさそうですね。
優良店は、確かにギリギリのラインで
客に還元することに努力している
気もします。
しかし、筆者は何時までも
ロックフェラーでいますがね。
150ドルの保険料を支払う損失
ですら腹を立てますわ。
店からは、一方的に搾取して
ナンボのもんです!!!
ところで、店がドンピシャで売上を
揃えようとする時、どうすれば売上を
安定して稼いでいくことができる
でしょうか。
例えば、その月に営業利益で1,000万円
稼ぐことが目標になっているとしま
しょう。
1日辺りにすると33万円。
毎日少しずつ稼いでも良いですし、
最初の10日で100万円ずつ稼いでも
良いでしょう。
しかし、ここで困ってしまうことは、
店長の予想通りに事が運ばない時です。
例えば、GAROが1回も当たらず2,000回転
ハマってしまったり、設定1のGODが
万枚出てしまったり、まどマギが
5,000枚吸収してしまったり…
ズレが生じればそれを調整しなければ
なりません。
月の残り日数が多ければ、ズレが大きく
てもそれを調整するの比較的簡単です。
しかし、残り日数が少なければ少しの
ズレでも調整するのが難しいかもしれ
ません。
極端な例を上げれば、月の最終日に
不測の事態が起これば調整することは
不可能です。
パチンコとスロットは、確率によって
支配されていますが、不確定要素の多い
ものです。
これを安定させるには、数の原理を使う
しかありません。
設定1のスロット1台だけなら
このスロットの収支がどうなるか
分かりません。
しかし、10台あればある程度機械割に
近付く筈です。
100台あれば更に、機械割に近付く
筈です。
100台の内には、一撃で万枚行って
しまう台や、逆に逝ってしまう台も
あるかもしれません。
しかし、全体で見れば機械割に
近い値になっている筈です。
こうなれば、安定して収支を予測する
ことができます。
不測の事態、不慮の事故も
消化しきれます。
ところで、パチンコ店の目的が
利益最大化だけにないとすると
パチンコ店の目的が見えてくる
気がします。
GAROが2,000回転ハマっても
正直、店も客も嬉しくありません。
客は、店がお金を回収できて良かった
と思っている、と考えがちですが、
店は想定外に多く取り過ぎた分を調整
しなければなりません。
それは余計な手間です。
昔、パチンコで遠隔をしていた店が
摘発されたことがありましたが、
遠隔を用いていた理由は、常連客の
ハマり過ぎた海を当てさせるために
遠隔を使っていました。
更に、昔その2で閉店間際に知り合いと
二人で、一撃一万二千枚出した
スロットの萌えよ剣のデータを見ていた
ところ、そこに店員の人がスタスタっと
やってきて、
「何でこの台出たんでしょう…」
とボヤいていました。
設定1ならその日、3,000回転位回って
5,000円強位回収する筈の台だったん
でしょうが、まぁ20万強位予想外の
出費が出てしまったということでしょう。
偶に、二万枚とか出てしまう台が
ありますが、一台で40万位吐き出して
しまっていますので、次の日は全体的に
弱くして調整せざるを得ません。
取り敢えず、設定の使い方について
考えましょうかね。
パチンコはデタラメなので、
基本的にはスロットの設定の使い方を
シビアに行い売上調整をするようです。
月末回収し過ぎていると
客に返します。
そういうこともあると言っていました。
実際に、1回とある店舗で普通の
日なのに急に「月末の感謝祭」とか言う
メールが来て、『どうせガセだろう』
と高を括っていたらかなり強い日だった
ということがありました。
まぁ、そういうこともあると言う訳です。
また、月に何日かは打てる日がある
ということです。
例えば、7の日のようなものですね。
そういう強い日を作っても
上手く調整すれば問題ない訳です。
では、1ヶ月の内でどの7の日を強く
するのが一番リスクを低く
できるでしょうか?
まぁ、月初めの7の日でしょうね。
高設定を使いやすいのは、
月の終わりの方より月の初めの方です。
例えば、27日に高設定を使って
予想だにしない万枚とかを出されて
しまうと、残りの日数でドンピシャに
調整していくのが大変です。
高設定を何台も使えるような
店舗なら話は別ですが、
少数台しか使えないのが普通です
ので、出玉が寄ってしまう可能性
があります。
しかし、月初めの7日なら、
残りの日数がまだまだありますので、
万枚出されたところで微調整して
いくことが楽です。
月末は予期せね事故を起こしたくない
ので、数で安定させることを
目指します。
詰まり、設定6、仮に機械割116%
としましょうか、を1台使うより、
設定4、仮に機械割104%を4台

使った方がよりボラティリティは
低くなる訳です。
台の数は多ければ多い程、安定します。
稼働も良ければ、尚安定します。
店で最も安定している機械割は設定1です。
店で最も多い設定だからです。
更に、ドンピシャで微調整するには、
20スロの機械割で合わせるより、
5スロの設定で合わせる方が
リスクを減らせます。
先ほどの数の原理です。
20スロなら設定6を1台に対し、
5スロなら設定6を4台使えますね。
レバレッジが1/4ですから。
設定4なら20スロ4台に対し、
5スロ16台ですね。
16台で稼働させた方が、
全体で、より機械割通りに
事が進む筈です。
まぁ、要するにですね、
パチンコ店は日々の売上に
シビアだと言うことですね。
客もシビアな目で見れば、
チャンスも探しやすいですし、
リスクも回避しやすいということ
です。
出し過ぎれば回収せざるを得ませんし、
回収し過ぎれば還元せざるを得ません。
回収し過ぎた店の成れの果ては、
南無~、ですからね。
まぁ、偶にパチンコ店によっては、
地域密着を謳っていたり、
顧客満足度の向上を目指していたり、
無料でかき氷を配っていたり、
チョコバナナを配っていたり、
コーヒーと言う名の苦汁を配っていたり、
しますけれども…
何やってんじゃー!
そんなことするなら設定6入れろやー!
って、筆者の知り合いの知り合いの
知り合い位の人が、そんなことを
言っていたりもしましたが、
まぁ、この辺も一種のファンサービス
みたいなもので、利益を最大化する
ことが目的でないから
トンチンカンなことをするんでしょうな。
あぁ、トンチンカンというのは、
筆者の意見じゃないですよ。
筆者の知り合いの奥さんの友達の
旦那のいとこ辺りの人が言っていた
そうですよ。
この前、朝一整列に並んでいたら
常連のおばさんが激怒りしていて…
あぁ、長くなるからいいか。
タダで物を貰っておいて、
客をバカにしてるのか!
って怒っていました。
ケチ臭えとも言ってましたね。
周りの常連もそれに合わせて
んだべ、んだべ的な状態。
全く恐ろしい世の中ですな!
そうそう、ケチ臭えと言えば、
先日ドリンクサービスの
チャンネーにドリンクを
お願いしたら、ドリンクと一緒に
アルフォートをくれて、
「ありがとうございます!」
と言ってありがたく貰ったのですが、
しかし、このアルフォートよくよく
見てみるとアルフォートじゃなくて
トップバリューのオリジナル商品で、
パチフォートじゃねぇーか!って。
パチ屋だけに!
ケチ臭えとは正にこのことか、
って当然思っていませんよ、筆者は。
…全く…えぇ…何か!?
パチンコ店が無料で何かをした
ところで、8割、若しくは9割位の
客は、その善意を善意として
受け取ることはないと思います。
それは、何もパチンコ店に
限ったことじゃなく…
まぁ、いいや。
長くなるから。
人間って不思議なもので、
多くを持っている者が
他人にその内の少量しか
渡さないと多くの人は
文句しか言わないんですよ。
それなら一切渡さない方が
恨みを買わないんです。
本当に、善意で与えているのに
恨みになるんです。
パチンコ店が有名人を呼んだり
するのも、一種のファンサービス
的な要素もあるんでしょうが、
顧客の立場に立って慎重に
行動しないとポンチーカンに
なってしまうんです。
しかし、文句を言ったところで
常連はそれでも通い続けるので…
アンポンタン…?
筆者がディスって終わりみたいに
なっていますが、当サイトは
構成作家の完全台本になりますので、
よろしくです(`・ω・´)ゞ
あぁ、一応纏めておきましょうか。
1. 一月の内に打てる日がある。
2. 高設定を使う強い日を作るなら、
  月の前半でしょうね。
3. 月末は強い時も時々ある。
4. パチンコの釘は毎日微調整する。
5. それに合わせて、スロットの
  設定も毎日いじる。
あぁ、そうそう、スロットの設定と
言えばスロットの設定って設定履歴
っていうので過去の設定の入り方を
調べることができるのですが、
店のこの設定の使い方が酷くて…
なんちゅうか、パチンコとスロットは
エンターテイメントな訳ですよ。
真実は知らない方が身のためです。
まぁ、いいか。
設定は、中々こまめに小細工
かましてきますよ。

>トップへ

space

【スポンサードリンク】

space

space
 さいコレ! > パチンコ店・スロット店は儲け過ぎなのか!?
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】

当ホームページへの ▼▽ 応援メッセージ ▽▼ よろしくお願いいたします。どんなことでもOKです。