space

レシプトエンジンとは

space

【A D】

space
このエントリーをはてなブックマークに追加

ー レシプトエンジンとは ー

space
 記事 > レシプトエンジンとは
space

メニュー
  •  ●記事
    •  ■レシプトエンジンとは
space

【A D】

■本文


燃料の燃焼による熱エネルギーを作動流体の圧力をまず往復運動に変換し、
ついで回転運動の力学的エネルギーとして取り出す原動機です。
このエンジンは、船舶、鉄道、発電機やポンプなどに利用されております。
レシプロエンジンの仕組みは大きく分けて二つになります。
シリンダー内の動作流体(水蒸気や燃焼ガスなど)の加熱方法による
外燃機関のレシプロエンジンと、内燃機関のレシプロエンジンです。
自動車等で利用されるのは後者となります。
その動作の原理はおよそ以下のようなものであり、
これを繰り返す(ピストンが往復運動する)ことで、
エンジンは連続的に回転動力を出力する仕組みとなっております。
外部からガソリン、軽油、アルコール等の燃料と、
それに対し適当な量の空気をエンジン内部へ供給します。
液体の燃料は、気化しやすいように微粒化(霧化)しながら使用します。
まず、シリンダー内に吸入した空気を、ピストンにより圧縮します。
その圧縮空気中で燃料に何らかの方法で着火し、
シリンダー内で急速に(時には爆発的に)燃焼させます。
充分な強度を持つシリンダー内で、
高温高圧の燃焼ガスが膨張してピストンを押し出す力となります。
この力を受けたピストンの直線的な運動を、
コンロッドとクランクシャフトとにより回転運動に変えます。
そして最後に燃焼ガスは充分に膨張した後、
外部に排気される仕組みとなっております。

>トップへ

space
 記事 > レシプトエンジンとは
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】
space

【A D】

【A D】

space