space

保険に加入することは、得はあれども損はなし

space

このエントリーをはてなブックマークに追加

ー 保険に加入することは、得はあれども損はなし ー

space
 記事 > 保険に加入することは、得はあれども損はなし
space

メニュー
  •  ●記事
    •   ■保険に加入することは、
         得はあれども損はなし
space

■本文


保険に加入することは、
実は一般の方が考えている以上
に損が殆どないものです。
それは、保険の仕組みというのが
保険会社が利潤を求めるように
作られていないことにあります。
加入者が支払う保険料から
保険会社が差し引くのは、
基本的には営業費のみです。

space

この営業費は、
保険を運用するための必要経費
と言えるものです。
それ以外のお金は、
基本的には加入者への
給付保険金として加入者に
返されるものです。
また、加入者から徴収した
保険料が多過ぎた時には、
還付金として加入者に返す
仕組みもあります。
正に、保険のシステムは無駄の
殆どない仕組みということが
できるのではないでしょうか。
保険を考える時には、
寧ろそのメリットに十分着目
すべきです。
保険に加入することは、
安心を買っていることで
あります。
本当は、安心は一般の方が
考えている以上にずっと
高価なものです。
しかし、保険の仕組みは
その安心を安価な価格で
提供できる仕組みになって
いるのです。
掛け捨て型の保険が嫌な方なら、
満期までの間にあなたの
積み立てたお金が必ず返ってくる
養老型の保険に加入すれば良いと
思います。
あなた自身が日々安心して
過ごせるよう、保険と上手く
お付き合いしてみては
いかがでしょうか。

space

>トップへ

space
 記事 > 保険に加入することは、得はあれども損はなし
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】