space

ペンギンは歴史上2回発見されている

space

このエントリーをはてなブックマークに追加

ー ペンギンは歴史上2回発見されている ー

space
 記事 > ペンギンは歴史上2回発見されている
space

メニュー
  •  ●記事
    •   ■ペンギンは歴史上
         2回発見されている
space

■本文


ペンギンと言えば、
その可愛らしい姿が大人気の
動物です。
そのペンギンが初めて発見された
のはいつ頃ことかご存知でしょうか。
ペンギンの発見は、
15世紀後半まで遡ります。
当時のスペインとポルトガルの
探検家が、大西洋で発見したのが
最初と言われています。

space

その時の扱いとしては、「ロバの
様に鳴く、ガチョウに似た飛べない
鳥」というものだったそうです。
また、「羽の生えた魚」とか
「鳥と魚の雑種」という見方も
あったそうです。
この時ペンギンはオオウミガラスを
指しており、penguigo
(スペイン語で太っちょの意味)
の名称で呼ばれていました。
オオウミガラスはその後、
1844年に絶滅したとされています。
その後暫く時が過ぎます。
1800年代になると大航海時代が訪れ、
欧州人が南極大陸を発見します。
その時に現在のペンギンを
発見したと言われています。
この時にペンギンを発見した人は、
「オオウミガラス」と勘違いし、
この動物をペンギンと呼んでいた
そうです。
これが後世に渡っても変わること
なく、現在のペンギンがペンギン
と呼ばれるいる所以です。

space

>トップへ

space
 記事 > ペンギンは歴史上2回発見されている
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】