space

ブランディング化できるパッケージの2つの特徴

space

このエントリーをはてなブックマークに追加

ー ブランディング化できるパッケージの2つの特徴 ー

space
 記事 > ブランディング化できるパッケージの2つの特徴
space

メニュー
  •  ●記事
    •   ■ブランディング化できる
         パッケージの2つの特徴
space

スポンサードリンク

space

■本文


パッケージデザインをブランディング化
することは難しいことです。
数多ある商品の中からパッケージを
見ただけでこの商品だ、
と認識できる物は余程消費者に定着している
商品と言うことができます。
しかし、パッケージデザイン自体が
ブランディングされている商品には、
2つの特徴があることに気付きます。

space

スポンサードリンク

space

一つは、パッケージの色です。
企業のイメージ色でも良いですが、
パッケージの色を見ただけで何の商品
だか分かるという点です。
色合いや色の組合わせのデザインと
言っても良いかもしれません。
例えば、あるメーカーのポテトチップスは、
色を見ただけでどのメーカーの物なのか
分かります。
そして、色を見ただけで何味なのかを
大方予測することができます。
もう一つは、他の製品と被らない
デザインであることです。
似たようなパッケージの商品があれば、
他の物と区別が付かなくなって
しまいます。
他と違うデザインだから、
一目見ただけでこの商品だと分かる
わけです。
パッケージデザインのブランディングを
考える時には、以上の点に注意して
みてはいかがでしょうか。

space

スポンサードリンク

space

>トップへ

space
 記事 > ブランディング化できるパッケージの2つの特徴
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】