space

保険に加入することは損をすることではありません

space

このエントリーをはてなブックマークに追加

ー 保険に加入することは損をすることではありません ー

space
 記事 > 保険に加入することは損をすることではありません
space

メニュー
  •  ●記事
    •   ■保険に加入することは
         損をすることではありません
space

■本文


保険で多くの方が勘違いしてしまい
がちなことがあります。
それは、保険に入ると損をしている
ような錯覚を抱くことです。
特に、掛け捨てタイプだともし何も
なければ、保険の支払いを受ける
ことはありません。
実際には、保険に入って損をする
ということはありません。

space

保険の根本的な仕組みは、
大数の法則にあります。
どういう事かと言いますと、
なるべく多くの方に加入して
もらって、加入者のある特定の
人に何か起きるとみんなから
集めたそのお金で補てんする
という考え方です。
支払保険料が高い場合もある
でしょうが、何も保険会社が
儲けようと思って保険料が
高いわけではありません。
保険会社は保険を運用するため
の営業費、詰まり必要経費を
保険料から差し引くことは
確かです。
また、保険会社は保険会社が
潰れてしまったら加入者の方が
困るので、少し多めに加入者から
保険料を取っています。
しかし、この一時金は貯まり
過ぎると加入者に還元する仕組みに
なっていることが多いです。
それ以外のお金は、加入者に何か
あった時に支払われるお金です。
元々保険会社は、私腹を肥やして
企業を大きくすることが目的では
ありません。
例え、掛け捨てタイプの保険で
何も起きず保険の支払いを受ける
ことがなくても、損をしたという
よりは安心をお金で買っていると
思う方が、正解に近いと言えます。

space

>トップへ

space
 記事 > 保険に加入することは損をすることではありません
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】