space

下総中山、京成中山でイチオシの
飲み屋と言えば、もつ焼き屋「ひょうたん」!

space

このエントリーをはてなブックマークに追加

ー 下総中山、京成中山でイチオシの飲み屋と言えば、もつ焼き屋「ひょうたん」! ー

space
 記事 > 下総中山、京成中山でイチオシの飲み屋と言えば、もつ焼き屋「ひょうたん」!
space

メニュー
  •  ●記事
    •   ■下総中山、京成中山で
         イチオシの飲み屋と言えば、
         もつ焼き屋「ひょうたん」!
space

スポンサードリンク

space

■本文


中山競馬場の競馬帰りに何処で飲むと
言ったら、この「ひょうたん」以上に
相応しいお店はありません。
吉田類の酒場放浪記でも紹介された、
所謂「おけら街道」にある
「もつ焼き日本一!」のお店です。
中山界隈で飲み屋では、
イチオシのお店です。
京成中山駅から南に向かって歩いて
徒歩30秒。
JR下総中山駅から法華経寺方面に歩いて、
国道14号を渡り計徒歩4分程の所に
あります。
 ひょうたん 外観
創業は今から約60年前の昭和31年と言う、
老舗。
店内は良い感じに昭和の雰囲気が漂います。
 ひょうたん 内観
ここでのオススメは、
何と言ってももつ焼き!
備長炭で燻され、自慢のタレや特製ダレに
漬かったもつ焼きの味は最高です。
 ひょうたん ナンコツ
飲み物は焼酎ハイボールがオススメです。
ひょうたんオリジナルの美味しい
ハイボールが、もつ焼きと良く合います。
 ひょうたん ハイボール
ところで、ひょうたんは一見さん
お断りではないのですが、
初めて方には店内のルールが分からず
悪戦苦闘することがありますので、
ここでしっかりと予習して行きましょう。
ひょうたんでの時間を何倍にも
楽しめる筈です。
 ひょうたん 外観
 ひょうたん 内観

space

スポンサードリンク

space

先ずは基本情報から抑えておき
ましょう。
営業時間は、17:00-22:00までで
ラストオーダーは21:30です。
日曜・祭日はお休みです。
予約は受け付けていません。
席はカウンター席のみですので、
席数的にも大人数ですと厳しいです。
20席位です。
店内の携帯電話は使用禁止ですので、
会話は店外で行いましょう。
競馬新聞を読むのはOKです(^^♪
昔はもつ焼きのお持ち帰りができ
ましたが、最近はやっていないようです。
 ひょうたん 内観
【ここで、重要情報です!】
ひょうたんは、金曜と土曜が
混んでいます。
金曜は華金ですので飲み屋が込むのは
しょうがないですが、
土曜日は競馬帰りの客で混んでいます。
土曜日は、17時のスタートダッシュに
間に合わないと座れないことも多いです。
平日はこの限りではありませんが、
それでも狙い目の時間は客が一巡した
後の時間です。
中途半端な時間に行っても座れないこと
が多いですので、一巡後、
場合によっては二巡後を狙いましょう。
時間帯は、18:30から19:00の間です。
19::00前後の方がより確実です。
その後の時間帯だと、
20:00-20:30位の時間帯なら座れる
可能性大です。
 ひょうたん 外観
17:00オープンですので、
客のハケる時間帯は大体決まっています。
17時のスタートダッシュに乗り遅れた
場合は、19:00を目安に店を訪れましょう。
二巡目は少し待てば席が空く
可能性が高いです^^;
そして、空いている曜日があります。
月・火・水です。
木曜日は空いている時もありますが、
混んでいる時もあります。
平日なら17時位の一巡目なら
空いていることが多いです。
雨の日も空いていることが
多いです。
最近は、平日なら席が一杯ということ
はないと、店主が言っていました。
【更にここで重要情報!】
もつ焼きのメニューの一つに「タン」が
あるのですが、「タン」は月・木でない
と商品がありません。
ここの「タン」は絶品です。
是非、月・木に行くことをオススメ
いたします。
 ひょうたん タン
月・木の20:00とかなら、
ほぼ空いていると思われます。
但し、翌日が祭日だと、
また話は変わりますが…
次に、メニューについてです。
メニューは、壁際に貼ってあります。
 ひょうたん メニュー
 ひょうたん メニュー
または、
ホワイトボードに書いてあります。
 ひょうたん メニュー
ここでのオススメ飲み物は、
「ハイボール」です。
 ひょうたん ハイボール
ここでしか味わえないオリジナルの味
となっております。
値段は、
値上がってなければ350円です。
もつ焼きに非常に合いますので、
ハイボールを注文しておくのが
ベストではないでしょうか。
飲み物を女将さんに注文したら、
次に焼きメニューを注文するのですが、
ここで注意が必要です。
【コレ重要です!】
焼台は一つしかありませんので、
混雑時は順番待ちになります。
焼台で一回に焼けるもつの本数は、
12本程度です。
一皿4本盛りですので、3皿分です。
カウンター席は20席程度ありますので、
混雑時には…
…それなりに時間を待つと言うことです。
ここで手持ち無沙汰にしないためには、
飲み物が運ばれて来たと同時に、
焼きメニューと共にサイドメニューを
頼んでおきましょう。
料理は、店主が焼き担当で、
女将さんが焼き以外の担当です。
焼きは混雑時に時間が掛かりますが、
サイドメニューなら出て来るまで早いです。
何か頼んでおきましょう。
オススメは、「煮込み」です。
コレもこの店オリジナルで実に旨しです!
 ひょうたん 煮込み
ベースは味噌風味で、
もつの臭さが全然ありません。
取り敢えず、
コレを頼んでおけば間違いありません。
一人なら煮込み小を
二人なら煮込み大を頼んで、
二人で突っつくか…
煮込み小を二つ頼むか…
但し、煮込みは冬期限定です。
確か、11月-3月ぐらいまでの
期間限定商品だった気がします。
他には、「まぐろぶつ」を注文する人が
多いです。
 ひょうたん まぐろぶつ
肝心の焼きメニューは、
・タン (月・木限定)
・トン
・レバ
・シロ
・ガツ
・ハツ
・ナンコツ
の計7種類になります。
タンは月・木限定のメニューです。
味付けは、「塩」・「タレ」
・「にんにく」になります。
「にんにく」はこの店オリジナルです。
他の店では味わえないオリジナルのタレで、
人気が高いです。
ピリ辛のにんにく醤油になります。
ここの秘伝の「タレ」も甘みとコクが
有り旨しです!
基本、一皿4本盛りで400円(値上がり後)。
タンは値上がりする前は、490円。
トンは値上がりする前は、540円。
途中で消費税の値上がりがあり、
多少料金が変わりました。
一皿4本盛りで1セットですが、
2本ずつ注文することもできます。
例えば、「レバ、ハツ混ぜてにんにんくで」
といった具合にです。
「トン、シロ混ぜてタレで」とか。
トン2本、シロ2本ずつで両方タレで
お願いします、と言う意味です。
味を別々にしたいなら、
「ガツ2本タレ、ナンコツ2本塩で」のように
注文すればOKです。
 ひょうたん ガツ
ちなみに、【ココ最重要】ですが注文する時
にはコツが要ります。
注文は店主にしても女将さんにしても
どちらでも良いのですが、
座る席によって注文を通しづらい席があります。
焼台は入口付近にあるのですが、
入口付近に座った場合は、
店主に「注文良いですか?」と言って、
注文すれば問題ありません。
また、一番奥の席に座った時には、
目の前を通り過ぎる女将さんを掴まえて、
「注文良いですか?」と訊ねれば問題
ありません。
ちなみに、焼き以外のメニューは全て
女将さんが準備しますので、女将さんに
頼むようにするのがベストです。
問題は、中途半端な席に座った場合です。
お店の中ほどの席とか。
この時は、席の近くに店主や女将さんが
来た時に「注文良いですか?」とすかさず
声を掛けないと注文の機会を逃します。
まぁ、大声を上げて「注文良いですか?」
と言うことに抵抗のない方でしたら
それでも良いですが、それをするのは
気が引けるものです。
近くに来た時に、
注文してしまうのがベストでしょう。
混んでいなければ、
その必要も余りありませんが…
 ひょうたん シロ
ここからが、
【スペシャルコンテンツ】です。
焼きメニューについて解説します。
焼きメニューは、
基本的に塩なら間違いありません。
しかし、ココに来たからには「にんにく」を
頼むのがミソとなります。
この「にんにくダレ」、
他の料理にも合います。
冷奴とか刺し身なんかにも良く合います。
ちなみに、
ひょうたんではタレの黄金比率があります。
タレ2対にんにく1、
この比率がひょうたんでの
黄金比率になります。
筆者ブレンドです。
重要ですので、是非覚えておいてください!
どういうことかというと、
自分でタレを作ります。
例えば、タレが良く絡む「シロ」と
何かを適当に頼んでおいて、
にんにくが良く絡む「ナンコツ」
を注文します。
これを混ぜ合わせれば、
タレ2皿:にんにく1皿の黄金比率が
完成します。
タレだけだと少し甘過ぎます。
にんにくだけだと辛いです。
両者を掛け合わせる、
丁度良い風味になります。
皿に残ったタレは、
一つの皿に纏めておいて混ぜ合わせるよう
にしています。
もつを食べる時も串からバラして、
両者を皿の上で混ぜます。
たぶん、このブレンドのタレがひょうたん
で一番旨いタレではないでしょうか。
是非、試してみてください。
個人的には、このブレンドのタレを
持ち帰りたいのですが、まだ試した
ことはありません(´ε` )
「タン (月・木限定)」は、
王道的に塩で食べるのが一番旨いです。
ただ、にんにくも旨いです。
注文する時は、
このどちらかが良いでしょう。
 ひょうたん タン
ひょうたんのタンは、
他の店では見ない分厚さです。
特に、タン塩は絶品です。
是非頼んでおきたいメニューです。
「トン」は間違いなく
トン塩がベストです。
にんにくを頼む人も多いですが、
ここのトン塩も絶品です。
〆はトン塩に限ります。
豚肉ってこんなに美味しくなるのか、
とびっくりするのではないでしょうか。
 ひょうたん トン
「レバ」は塩ですかね。
個人的には、にんにくもオススメです。
ひょうたんのレバはミルキーで
美味しいです。
 ひょうたん レバ
生でも食べられるくらい新鮮な物を
使っているそうです。
焼き加減が丁度良いです。
この焼き加減に保つのには、
非常に技術がいるそうですよ。
他のお店では、
もう食べることのできないレバですね。
特にチェーン店の居酒屋では
味わうことのできない一品です。
「シロ」はタレが良く絡みます。
にんにくを頼む人も多いです。
塩も良いですが、
タレ系を絡めた方が個人的には好きです。
 ひょうたん シロ
ここの「シロ」には、
臭みが全くありません。
下調理にかなり時間を掛けているそうです。
非常に食べやすく、何皿でもいけますよ!
「ガツ」は余り食べませんが、
どれもいけます。
タレで食べることが多いですが、
お好きな味を試してみるのが良いのでは
ないでしょうか。
 ひょうたん ガツ
「ハツ」は塩が良さそうです。
タレやにんにくで食べることも多いですが、
タレよりは塩・にんにくの方が
合う気がします。
 ひょうたん ハツ
「ナンコツ」はオススメのメニューです。
ひょうたんのナンコツは他の店と二味違い
ますので、是非食べてみてください。
チェーン店の居酒屋で出て来るナンコツは、
本当はナンコツと言わないそうです。
二足三文で買える、
今まで捨てられていた部位だったそうです。
ひょうたんのナンコツは、
ちゃんとしたナンコツです。
たぶん、あなたの「ナンコツ観」が
変わる筈です。
 ひょうたん ナンコツ
このナンコツを作るのに、下準備に
かなり手間暇を掛けているそうです。
最近は、ナンコツを作る本数を
減らしているとも言っていたので、
ナンコツがあったら、
是非頼んでおきたいメニューです。
「ナンコツ」はにんにくが良く絡みます。
塩も旨しです。
タレは、個人的にはにんにく程では
ありません。
焼きの注文をする時のタレについては、
店主にオススメを聞くのもありです。
余りやったことはないですが、
一番美味しい食べ方を知っている筈です。
取り敢えず、ひょうたんに来たら、
レバ、ナンコツ、タンは
忘れずに食べてください。
他の店では味わうことができない味です。
そして、
〆にはトン塩を食べてくださいよ(^.^)
これは鉄板ですから(゚д゚)ウマー
 ひょうたん トン
最後に、お会計は女将さんに言えば
計算してくれます。
ちなみに、お会計は今は懐かしの
手計算です。
時々手計算がズレている時があります
ので、その時はそれとなく突っ込んで
OKです。
もつ焼き屋「ひょうたん」に行ったこと
がない方は、是非一度行ってみることを
オススメいたします。
もつの味に関しては、
間違いないお店です。

space

スポンサードリンク

space

>トップへ

space
 記事 > 下総中山、京成中山でイチオシの飲み屋と言えば、もつ焼き屋「ひょうたん」!
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】