space

生命保険は保険会社ごとの特色が出づらい保険

space

このエントリーをはてなブックマークに追加

ー 生命保険は保険会社ごとの特色が出づらい保険 ー

space
 記事 > 生命保険は保険会社ごとの特色が出づらい保険
space

メニュー
  •  ●記事
    •   ■生命保険は保険会社ごとの
         特色が出づらい保険
space

■本文


保険の中でも、特に大きな差が
生まれづらいのが生命保険であります。
大体どの保険会社で契約したとしても、
内容、サービスに差が出ません。
それならば、潰れる可能性が極力低く、
月々の支払いがなるべく安く済む
保険会社を選ぶのがベストです。
以下で、そのことについて
ご紹介したいと思います。

space

生命保険の月々の支払額は、
厚生労働省が公表している「生命表」
という年齢別の死亡統計データから
決められています。
どの保険会社もこの生命表に沿って、
保険の支払額を決めているため、
金額に差が出づらいわけです。
多少差が出るとすれば、保険会社の
保険を運用するために使った営業費と
保険会社毎の資産運用の実績、
これによって支払額に差が出る
可能性があります。
保険会社の営業費は、
加入者が支払う保険料の中から
徴収しています。
加入者一人当たりに対して、
営業費が沢山掛かってしまっている
会社は、他の会社に比べて保険料が
高くなってしまいます。
例えば、保険に加入すると
ノベルティグッズをくれる会社や
セールスマンが過剰にいる会社、
CMを沢山流している会社等は、
保険料が高くなっているリスクが
あります。
それだけ、経費が掛かっているのは
事実です。
生命保険の保険料に関する一般的な
傾向としては、保険内容が同一条件
でしたら、民間の保険会社より公の
共済組合、保険組合の方が安くて済む
傾向があります。

space

>トップへ

space
 記事 > 生命保険は保険会社ごとの特色が出づらい保険
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】