space

相手の納得を得る、給与計算の説明文

space

【A D】

space
このエントリーをはてなブックマークに追加

ー 相手の納得を得る、給与計算の説明文 ー

space
 記事 > 相手の納得を得る、給与計算の説明文
space

メニュー
  •  ●記事
    •  ■相手の納得を得る、
        給与計算の説明文
space

【A D】

■本文


給与計算の説明でお困りになったご経験はございませんか?
給与計算の説明文を作り、
それを見せながら説明するがなかなか理解されない、
理解されるまでに時間が掛かってしまう、
そんなご経験はございませんか?
そんな方は下記の4点に注意して、
給与計算の説明文を作ってみてはいかがでしょうか?
1. 相手都合の説明文で説明しよう。
 会社として最低限説明しておかなければならないことはあります。
 しかし、それは相手が知りたいこととは別のことです。
 相手が知りたいことは、あくまでも"私"の場合はどうなるのか、
 ということです。
2. モデルケースを使って説明しよう。
 相手の方に近いケースの従業員の給与例を使って説明することが、
 相手のイメージに最も直結しやすい方法です。
 基本的に相手の方は、給与が幾ら位貰えて、
 手取りが幾ら位になるのか、ということに興味があります。
3. 給与は逆算的に説明しよう。
 モデルケースを使って、給与は逆算的にその計算方法を説明しましょう。
 給与の合計を各成分に分けて、基本給が幾らで、
 残業時間から割り出した残業代が幾らで、
 その他各手当が幾らずつで…、と説明していきます。
 そこに、必要に応じて計算式を説明していきます。
 金額に対するイメージができあがっている分、
 すんなり理解していただける可能性が高いです。
 相手の方は勝手に、"自分の場合はどの位になるのか"
 と計算してくれることでしょう。
4. 会社として説明したいことは、一番最後に。
 会社として説明したいこと、
 モデルケースでは抜けてしまっているもの等は、
 最後に説明します。
相手の知りたいことを先ず提供し、相手にイメージさせ、
イメージを元に具体例を出して一緒に頭の中で計算してもらう。
この過程が重要です。
これによって、相手は理解するだけでなく、
納得感を得ることもできます。
相手の気持ちになって、相手の立場から物事を考えてみる、
ということが重要です。

>トップへ

space
 記事 > 相手の納得を得る、給与計算の説明文
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】
space

【A D】

【A D】

space