space

カードローン借入額より使用目的の方が重要

space

このエントリーをはてなブックマークに追加

ー カードローン借入額より使用目的の方が重要 ー

space
 記事 > カードローン借入額より使用目的の方が重要
space

メニュー
  •  ●記事
    •   ■カードローン借入額より
         使用目的の方が重要
space

スポンサードリンク

space

■本文


カードローンを借りる時は、
返済額から逆算して借りる額を決める
必要があります。
借入資金の危険ラインは、
資産が全くない状態を想定して、
年収の3分の1付近から始まると
言われています。
銀行系のカードローン会社の限度額も
この付近に設定されることが多いよう
です。

space

スポンサードリンク

space

借入資金が年収の半分くらいになると
返せないことはないでしょうが、
かなり危険な状態です。
生活スタイルを変える必要があります。
しかし、生活様式を変えれば問題なく
支払える額だと思います。
問題なのは、カードローンの借入額
より借りたお金の使用目的にあります。
一番良いのは、金利以上の利回りに
投資をしている場合です。
お金を使って、
お金を作っているパターンです。
リスクが0というわけにはいきませんが、
理想的な借入と言えるのではない
でしょうか。
次に、娯楽や趣味、私用で借入を
している場合です。
これは、計画なしに大きく借り入れて
しまうと危険ではありますが、
ピンチになった時にご自身の生活
スタイルを変えれば問題ありません。
問題なのは、生活苦でカードローンで
借入している場合です。
これは、何をどうやっても返済プランが
立ちませんので、一時凌ぎではなく、
即刻借入を止める必要があります。
最終的には、破産してしまいます。
どうしても、他の方法でお金を
手に入れる必要があります。

space

スポンサードリンク

space

>トップへ

space
 記事 > カードローン借入額より使用目的の方が重要
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】