space

NHKが受信料徴収に長州力を採用も、
受信料支払いは国民の義務ではない!?

space

このエントリーをはてなブックマークに追加

ー NHKが受信料徴収に長州力を採用も、受信料支払いは国民の義務ではない!? ー

space
 記事 > NHKが受信料徴収に長州力を採用も、受信料支払いは国民の義務ではない!?
space

メニュー
  •  ●記事
    •   ■NHKが受信料徴収に長州力を
         採用も、受信料支払いは国民の
         義務ではない!?
space

■本文


NHKが受信料徴収のイメージキャラクターに
プロレスラーの長州力さん(64歳)を
採用した模様です。
「徴収」と「長州」を掛けての採用です。
2016年3月14日に長州力さんを起用した、
新サイトがオープンするようです。
NHKはそれだけ受信料の徴収に躍起に
なっている訳だが、ところでNHKの受信料の
支払いの扱いは法的にどのようになって
いるのだろうか?
 

space

NHK受信料の放送法第64条で定められている。
「協会の放送を受信することのできる
 受信設備を設置した者は、協会とその放送の
 受信についての契約をしなければならない」
という内容です。
受信料に関係のありそうな法律は
これだけである。
この法律、良く良く考えてみる、
契約しなければならないと謳っているものの、
受信料を払わなければならないとは
書かれていない。
NHK受信料は、国民全てに課されている
義務ではない。
但し、受信機器を持っている場合は、
当然受信料を支払わなければならない。
仮に、受信機器を所有しているのにNHKの
受信料の支払いを拒み続けるとどうなるか
というと、法律上は「契約不履行」に当たる。
これは、刑法ではなく民法で争われる事案
になる。
詰まり、逮捕はないということだ。
そして、強制徴収もないということだ。
更に、受信機器を持っていない人以外に
NHK受信料を支払わなく良い人がいる。
それは、生活保護受給者だ。
この人達には、優遇措置を取っている。
嘗て、NHKの現会長籾井勝人氏は、
2015年3月5日の衆議院総務委員会の中で、
「(NHK受信料の支払いを)義務化できれば
 すばらしい。法律で定めて頂ければ
 ありがたい!」
と発言している。
詰まり、受信料の支払い義務がないことを
NHK自ら認識しているということだ。
それだけに、今回の長州力さん起用の
NHK受信料の徴収話題には、
NHKの本気度がこもっている。
NHKの受信料の基本料金は2016年3月2日現在、
地上波契約が月額 1,310円、
衛星放送契約が月額 2,280円
になっています。
この料金は、割引等の一切適用しない時の
金額であり、実際には、口座・クレジット
支払い等、まとめ払い等をすると多少割引
がある。
また、複数契約や地域によっても
多少割引ある。
【長州力】
1951年12月3日生。
2016年3月2日現在64歳。
山口県徳山市 (現:周南市) 出身。
韓国国籍のプロレスラー。
本名は、郭 光雄(かく こうゆう)。
長州力のモノマネをした芸人長州小力の
「キレてないですよ」
「俺キレさしたら大したもんだ」
のフレーズは余りにも有名。
現在は、滑舌の悪いプロレスラーとして
人気を博している。

space

>トップへ

space
 記事 > NHKが受信料徴収に長州力を採用も、受信料支払いは国民の義務ではない!?
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】