space

HTMLは正しい文法、正しい書き方で

space

このエントリーをはてなブックマークに追加

ー HTMLは正しい文法、正しい書き方で ー

space
 記事 > HTMLは正しい文法、正しい書き方で
space

メニュー
  •  ●記事
    •   ■HTMLは正しい文法、
         正しい書き方で
space

■本文


ホームページ制作を行う際に、
HTML言語を全く使わないで
ホームページを作るということは
ほぼ皆無でしょうが、
HTML言語を使う時はしっかりとした
文法を用いて、しっかりとした書き方で
ホームページを作って欲しいと思います。
そうしないと、
仮に後でSEO対策的なものを考え
なければならなくなった時に、
大変苦労することになります。

space

HTMLはタグというものを色々と
組み合わせることによって、
画面に実際に映るページを
構成することができますが、
このHTMLの言語の書き方を
勘違いしている人は
意外と多いようです。
HTMLに記述する内容は、
基本的に画面に映すページの
レイアウトのみを記述します。
色々な細かいデザインをここで
設定するのではない、
ということです。
ホームページのデザインは
スタイルシートで設定します。
文字の色やフォント、
太さを変えたり、
表のデザインを設定したりするのは、
本来はスタイルシートで設定すべき
ものです。
これらを該当するページ内のHTMLで
設定することもできますが、
このような使い方は本当は
正しくありません。
例えば、よく見かける間違えに文字を
太くするの<b>タグを用いたり、
複数行改行するのに<br>タグを連続で
用いたりしているサイトがありますが、
そのような書き方も本当は
正しくありません。
結局、間違った文法や書き方で
HTMLを作成すると、検索エンジンの
ロボットにあなたの作成したホーム
ページの内容が正しく伝わらないという
デメリットがあります。
ですから、できる限りHTMLは正しい文法を
使って、正しい書き方でホームページを
作成しましょう。

space

>トップへ

space
 記事 > HTMLは正しい文法、正しい書き方で
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】