space

ハードディスク復旧の際の焦らず慌てず

space

このエントリーをはてなブックマークに追加

ー ハードディスク復旧の際の焦らず慌てず ー

space
 記事 > ハードディスク復旧の際の焦らず慌てず
space

メニュー
  •  ●記事
    •   ■ハードディスク復旧の
         際の焦らず慌てず
space

■本文


ハードディスク復旧を行う際には、
基本的な知識としてハードディスクが
壊れる原因は大きく分けて2つある、
ということを抑えておきましょう。
一つは物理的に壊れている場合、
もう一つは論理的に壊れている場合です。

space

物理的に壊れている場合というのは、
外からの外圧などでハードディスクが
破損していたりする状態を言います。
この場合は、基本的には個人でデータを
復旧することはできません。
物理的に壊れていてもデータ復旧
できるような、専門の業者に
任せる形になります。
次に論理的にハードディスクが
壊れている場合です。
この場合は、知識があればソフト等を
駆使して個人レベルでもデータ復旧
できることがあります。
システム上は壊れているが、
ハードディスク内のデータは無事、
という場合があります。
ただし、ハードディスクが
壊れていると認識した時点で、
なるべくハードディスクを無理に
いじるのを止めた方が賢明です。
ハードディスクを動かしたり、
動かさなかったりをしている内に
完全にハードディスクが壊れてしまい、
データが消えてしまう可能性が
あるからです。
そうすると、データ復旧できたものが
できなくなってしまう可能性があります。
以上の点を踏まえて、
データ復旧をする時は慎重に
作業を行うようにしましょう。

space

>トップへ

space
 記事 > ハードディスク復旧の際の焦らず慌てず
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】