space

セキュリティソフトのESETが
トロイの木馬を誤検出で大騒ぎ!?

space

このエントリーをはてなブックマークに追加

ー セキュリティソフトのESETがトロイの木馬を誤検出で大騒ぎ!? ー

space
 記事 > セキュリティソフトのESETがトロイの木馬を誤検出で大騒ぎ!?
space

メニュー
  •  ●記事
    •   ■セキュリティソフトのESETが
         トロイの木馬を誤検出で
         大騒ぎ!?
space

■本文


パソコン用セキュリティソフトのESETが
2016/02/29の18時~19時の間に
トロイの木馬を誤検出する騒動があり、
使用ユーザーの間では一時的に大騒ぎと
なりました。
AmazonやYahoo!、googleといった大手の
サイトにアクセスしても
トロイの木馬を検出のエラーメッセージを
警告し、騒ぎを大きくした模様です。
法人でESETを利用している企業も多く、
一時的に仕事がストップするなどの被害も
出た模様です。
 
原因は、
どうやらウイルス定義のアップデート
(問題のバージョン 13102(20160229))
に問題があったようで、
2016/03/01の0時現在では、
事態は収集しているようです。
ただ、ESET側からの公式発表、
及び謝罪はまだのようです。

space

【ESET】
1992年に設立された、スロバキアに
本社を置くソフトウェア会社です。
ESETの販売・開発で急成長を
遂げた会社です。
社名はエジプト神話の女神イシス
(スロバキア語 : Eset)に
由来しています。
日本でESETと言うと、
セキュリティソフト自体のことを
指します。
日本では、
キャノンITソリューションズが
代理店販売を行っています。
安価な値段でセキュリティソフトを
供給しており、動作も軽いという
こともあり、企業や個人ユーザーを
始め、日本でも利用者数の多い
セキュリティソフトの一つです。
日本での国内シェアは4位
(10.4%, 2014年)
1位ウイルスバスター
2位Norton
3位ソースネクスト
ここまでで、約8割のシェアを独占。
やっぱり、セキュリティソフトは
Norton(世界シェア1位 約4割)先生
という訳ですな( ´∀`)
 
【トロイの木馬】
ギリシア神話でトロイア戦争の伝説
に出てくるトロイの木馬に由来。
トロイの木馬は一度感染すると
感染者の同意を得ることなく、
勝手にレジストリの変更・削除・
追加行い、感染者のネット接続設定
やファイアウォールの設定を変更し、
ポートを開放し、外部からの接続を
許可してしまう。
これにより攻撃者は感染者のパソコン
を乗っ取ることが可能になる。
被害例としては
・キーロギング
・プログラムの追加・削除、
・ファイルの追加・削除、
・アンチウイルスソフトの無効化、
・被害者のデスクトップ画面の撮影、
・パスワードの奪取、
・ウェブからの悪意あるプログラムの
 ダウンロード
等がある。
 
■トロイの誤検出事例
2010年頃セキュリティソフトの
マカフィーが「Active Protection」
によってファイルをスキャンする時に
「Generic.dx」というファイルを
時々「トロイの木馬」として、
誤検出される事例があった。
通常、ウイルスとして検知されない。
このファイルは、
Picasa 2などに同梱されている
ファイルであった。
ただ、削除してもソフトの起動には
特に問題はない。
誤検出する原因は、このファイル名と
同名のウイルスがあったことが原因。
ただ、今回のESETの誤検出の件とは、
比べ物にならないくらい小さい
規模の大きさです。

space

>トップへ

space
 記事 > セキュリティソフトのESETがトロイの木馬を誤検出で大騒ぎ!?
space

Copyright(C) ふぉーすばんく force-bank All right reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

space

【外部リンク】